読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Choose your life, choose your future.

クソガールが綴るグラスゴー建築留学記。

グラスゴー到着。


こんにちは〜。

約20時間の長旅を終え、昨夜無事にグラスゴーに到着しました。

こちらは現在午後3時。灰色の空に、シトシト降る雨。セーターとレインコートでも肌寒い。いかにもスコットランドな天候です。

 

グラスゴーまでの道のりはこんな感じでした。

福岡空港→成田空港→ロンドンヒースロー空港グラスゴー空港。

成田からロンドンまでは、約12時間半。

映画のラインナップが最高によかった。ズートピア超楽しかった。みんな絶対に観た方がいいよ!(誰)ディズニー最高!ってなります。

ジェイク・ギレンホール主演の'Demolission'という映画(日本では2017年公開)がものすごく面白かったのですが、

ラスト10分、というところで隣の席のおじさんが

『イギリスへは1人で行くの?勉強?』とほっこりトークを始め、

今か〜!!!そうゆうの、今始めるか〜!!!ワインぐいぐい行くな〜とは思ったけど!!タイミング!!!と思いつつも、少しお喋り。とてつもなく絶妙な表情をしていたと思います。

後でこっそり巻き戻して観直しました。(タイミング悪いけど良いおじさんでした。)


ロンドンヒースロー空港での乗り換えは、余裕があるかと思いきや、どう見てもやる気ゼロ%の入国審査官のおかげで超ギリギリ。

スーパー遅い。ウルトラやる気ない。その上めちゃくちゃ並んでるのに霧のようにふわっと裏へ消える審査官。お茶かな。ティータイムかな。

時間やばいかもなーと思い、近くにいた係員のおじさんに『あと30分でゲート閉まるんですけど、先に行かせてもらえませんか』と聞くと、"Oh, it's okay!!" と満面の笑み。

なのに一向に入れてくれない。いやいや。なんだったんださっきの輝くような笑顔は。キットマニアウヨ!のオッケーだったのかおじさん。紛らわしいわ。笑

結局もう一回頼んで通してもらい、ギリギリ間に合ったー!と思ったら飛行機遅れてました。

いや言えや!!!と心の中で全力で叫んだ。

でも残念ながらこうゆう緩さに遭遇することが1番、ああ、外国に来たな〜と実感するのです。

f:id:rnkkrt:20160909231457j:plain


空港からホテルまではタクシーで移動。

運転手さんがすごく良いおじさんで、車内でお喋りするも、

想像以上にクセの強いスコットランド訛りに驚愕。

リスニングにはまあまあ自信があったけど、どんだけ意識集中してもちょいちょい何言ってるかわからん。

まあそんな時の'I see.'(なるほど)。 日本語でも英語でもちょっと何言ってるかわかんないっすね状態の時はなるほどに限る。笑

おじさん曰く、グラスゴーは勉強するのにはすごく良いところらしい。


そしてホテルの部屋に入るや否や、白い壁にパッと映える死んだ虫。笑  外国のホテルって、生死問わずなんかどっかしらに虫がいる。まあまあ目立つけどなあ、白い壁に黒い虫。

高級なホテルじゃない限りは、ひと部屋ひと虫の鉄則。


海外にいると、本当にツッコミどころがそこら中にあるのである意味退屈しません。

私が口うるさいのもあるけど。

まあダメなところも、心の中でがんがんツッコミを入れながら面白おかしく過ごしていきたいと思います。



今日の朝ごはんはTHEイギリスな感じ。幸いにも私はこのBaked beans=煮豆が割と好きなので美味しくいただきました。

でも明日の朝は、もういらんかなあ〜。と思うのでした。笑

f:id:rnkkrt:20160910000030j:plain