読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Choose your life, choose your future.

クソガールが綴るグラスゴー建築留学記。

文化の違い。

 

こんばんは。

月曜日ですが、今日はお休みでした。

というか、今週はずっとお休みです。

Reading weekというやつで、授業はないので課題図書とか自習にあてましょうっていう週間。

建築史とか、環境設計とか授業でおさえきれてないところがあるので復習に充てたいと思います。真面目〜。

 

 

例のグループワークも無事(?)終わり、来週からは建築学科の授業に戻れると思うと嬉しくて嬉しくて。それだけ大変でした。

制作のクオリティーが維持できないって、こんなにもストレスが溜まるんだな〜と思った。一人でやれたらどんだけ楽か、と常に思ってた。

年齢関係なくシンプルにお前は好きではない、という相手もいたけど(直球)、基本的にはなんだかんだみんな良い子で、いつ日本食作ってくれるのー?!とねだられるぐらいには仲良くもなりました。

同じ課題はもう二度とやりたくないですけど、振り返れば7、8歳も年下の外国人とわちゃわちゃ作業するのも貴重な経験だった、ような、気がしないこともない。笑

 

 

あっという間に10月も終わり、今年も残すところあと2ヶ月。

信じられない早さで時間が過ぎてゆく・・・。

一昨日から冬時間になり、日本との時差は8時間から9時間になりました。

グラスゴーの街並みも、なんだか急に冬っぽくなってきております。

 

 

夜になると飲屋街の近くはライトアップされてたり。

f:id:rnkkrt:20161101070715j:plain

 

百貨店の中もクリスマス?仕様みたいになってたり。

f:id:rnkkrt:20161101070837j:plain

 

 

 

 

先週末は、デンマーク人の友達とTHE WILLOW TEA ROOMSにお茶しに行きました。

(友達のお団子ヘアーが写り込んでしまった)

f:id:rnkkrt:20161101071113j:plain

 

 

THE WILLOW TEA ROOMSとは、グラスゴー出身の建築家、

チャールズ・レニー・マッキントッシュがデザインしたティールームを再現したカフェ。

マッキントッシュは私の通うグラスゴー芸術大学の出身で、

メインの校舎は彼の代表作なのです。

が。その校舎は2年前の火災で内部が焼失、今も修復工事中。

2019年には修復完了予定だそうですが、おかげで我々建築学部は隣の古い建物に詰め込まれております。

卒業までに完成してくれるといいな・・・切実。

 

 

 

中はこんな感じ。マッキントッシュの作品の中でも独特なチャイニーズティールームと呼ばれる部屋のデザインです。

確かにエスニックなテイストの照明や椅子(映ってない)に、大胆な色使いの格子のパーテーション。

観光客に大人気なので座席はぎゅーぎゅーですが、素敵でした。

ぎゅーぎゅーって、書きながら思ったけどすごい言葉やな。。。

ぎゅうぎゅう?ギューギュー?表記の正解がわかりません。(どうでもいい

f:id:rnkkrt:20161101071000j:plain

 

 

紅茶だけではなく、緑茶のブレンドもあったり。さすがUK。

Tea time setを頼んだら、大好物のスコーンが。

記念にと友達に写真を撮ってもらったら、見事なオバショットが撮れました。

f:id:rnkkrt:20161101071201j:plain

なにこの顔。

なにこの左手のポジショニング。

絶妙なオバエッセンスがそこかしこに溢れてますね。

25歳女子がカメラ向けられて、出るかね?この古臭さ。笑

もう諦めて、素敵なオバサンを目指していきたいものです。

 

 

 

 

友達とご飯に行ったり飲みに行ったりすると、その 度に新しい発見があって。

この前はクリスマスと正月の話になって、

デンマークではクリスマスは家族と一緒に過ごすもので、年越し(というよりNew Year's Day)は友達とパーティーしたり騒ぐもの、というイメージらしい。

なんか日本と逆だね、って話をしてました。

クリスマスは恋人と過ごすもの、という風潮を日本に作った奴誰だこの野郎。(急に

クリスマスには家族で教会に行くらしくて、私が「教会行って何するの?」とアホみたいな質問すると、「まあ聖歌うたって、祈るぐらいかな」と笑ってた。

逆に「お正月に神社行って何するの?」と聞かれたので、「まあおみくじひいて、祈るぐらいかな」と言うと笑ってた。文化の違いって本当面白い。

 

 

英語の話になって、日本では英語を話す人少ないよ、と言うと

どのくらい?と聞くので「う〜ん、10%いかないぐらいじゃないかな?」

と言うと、信じられない!と驚愕してました。

デンマークはもちろん公用語デンマーク語ですが、学校で英語を勉強するから殆どの人が英語も喋れるとのこと。

日本は英語の授業はないの?と真っ直ぐな瞳で聞くので、「あ、あ、あるよ、、、中学1年生から、一応、やってるよ、、、、。」と消えそうな声で答えるのでした。

彼女的には「最低でも2ヶ国語は喋れるのが普通」という感覚らしい。

いやいやこっちが衝撃ですよ・・・ハードル高すぎるわ・・・。

 

英語が母国語の人は除外として、確かにこっちで色んな人と喋っていると、

母国語以外の言語を話せる人が本当に多い。

何人かで会話してると、一人が言いたい言葉が英語で出てこなくて、「う〜んなんて言うんだっけ、フランス語とアラビア語でならわかるんだけど、わかる人いる?」とかサラッと衝撃のこと言う。

そしてそれに対してフランス語いける人もアラビア語いける人もいるっていう更なる衝撃が乗っかってくる。

なんか、英語一つで四苦八苦な私はなんなんだ・・・と思えてくる。

まあ、ハーフだったり家系のどっかで違う国が入ってたりとかするんですけどね。

改めて日本が島国であることを実感するのでした。

ズルいやん、ハーフとか、チートやん。いいなあ。(ただの僻み

いつかペラペラになるのを目指して頑張ろう。

そして願わくばフランス語も話せるようになりたい!

(ただフランス語の響きが好きだから。という安直な理由。)

 

 

 

 

今日は一日中引きこもって本を読んだり、年末の旅行の計画を立てたりしてました。

夜ご飯は、どうせうまく巻けないなら乗せてしまえライス。

見た目はイマイチですけど、味もまあ、普通に美味しかったです。

67点ぐらいかな。(冷静

f:id:rnkkrt:20161101071659j:plain

 

ほぼ毎日自炊してるので、なんだかんだで毎日お米食べてます。

私は決して料理好きではないし、片付けとか死ぬほど面倒くさいタイプの人間ですが、

それなりに食にはこだわりたいし、まずいものは食べたくない。

かと言って毎日外食するのも、勿体無いし面倒くさい。

その結果の、自炊です。そう考えたら、 このオムライスも、95点。(無理矢理

 

 

 

 

明日は学校にいって課題の作業をして、

夜は家で映画でも観ようかしら、と思っております。

おやすみなさい。

 

耐え忍ぶ。

 

もうすっかり秋、、、

いや、冬ですね。

風のように一瞬で去っていったなあ、秋。

冬のように寒いけど、やっぱり落ち葉は美しいです。

バスで15分程のとある公園にて。

インスタに載せたら友達がキムタクのHEROのオープニング?みたいだと言ってました。

た、たしかに、、、、、!言われるとそれにしか見えない。

f:id:rnkkrt:20161024090743j:plain

 

 

とても素敵な公園ですが、この一週間頭を悩まされた種でもある場所です。

というのも、2週間に渡る学科混合のグループワークというものが始まりまして、

私のグループの課題の敷地がこの公園なのです。

ざっくり言うとそれぞれのグループに敷地が割り当てられて、その場所の100年後を考えるという課題。

フォーマットは特に指定はなくて、60cm角内に収まればなんでもアリ。

芸術系らしい課題で面白いと思う。しっかりやれば。

しかし。いや〜〜〜やっぱり苦手だわグループワーク。笑

性格悪いんですもん。だから一人が好きなんだよ(問題発言

とっても発狂しそうな一週間を過ごしましたよ^^

 

 

ミーティング中、目を閉じると浮かぶ、

それはもうとても声を大にしては言えないような暴言を吐く自分の姿。

まあ年齢差7歳ですし、私一応社会人経験ありますし制作系でしたしみんなまだ若いし文化も違うしすしすしおすし、、、はあおすし食べたい(崩壊

最終的にはいろんな感情を抑えて、

「それは、もしかしたらいらないかもしれないね^^」とか

「もしかしたら最初のコンセプトからずれてきたかもしれないね^^」とか

自分なりに最大限優しく菩薩のように微笑みながら発言するのでした。

大人になったなあ。。。。。(?

 

 

何年か前のさまぁ〜ずのコントに、

「最高レベルの低い先輩」というコントがあってですね。

高層マンションに引っ越した先輩(大竹)が後輩(三村)を新居に招待して、

すごいだろ〜つって自慢するんですけど、そこ5階なんですよ。高層マンションの。

「おいおいあんま下見るなよ〜?吸い込まれちゃうから」

「いや〜やっぱ高いっすね。リアルな高さですもんね」

「リアルってなんだよ意味わかんねーよ」

みたいな会話が繰り広げられるんですけど確か。好きだったな〜あのコント・・・。笑

まあなんかこの1週間あのコントみたいな状況何度も体験した気がしたな・・。

これ以上はもう性格の悪さ露呈しすぎるので書きません。(今更

 

 

 

 

幸いにも、グループワークに頭を悩まされていたのは私だけではなかったので

同じ学科の友達とストレス発散しよう!ということで飲みに行きました。

Bill'sっていう日本でも人気の例のなんかあの世界一朝食が美味しいとかなんとか言われてるなにその定義っていうあの店。美味しかった。

f:id:rnkkrt:20161024094114j:plain

 

 

アホのごとくビールさえあれば満足な私ですが、

友達はとってもエレガントな子なので、いろいろカクテルを教えてもらいました。

と、書きながら早くも名前忘れた。なんだっけこれ、、、、笑

エスプレッソ?マティーニ?エスプレッソマティーニ

う〜んなんかそんなんだったような。美味しかった。

f:id:rnkkrt:20161024093953j:plain

 

 

 

後半、店が本気だして照明を落としすぎたせいで

いざ会計しようとしたら財布も見えんわお金も見えんわで

私がiPhoneのライトばんばんに焚いて探してたら、りんこ、ムードムード!って言って友達に笑われました。ぶち壊してごめんなさい。

彼女は私より3歳下ですが、ここに来る前は自分でデザインした服のブランドを立ち上げて売っていたりと、自立していて強い芯のある素敵女子です。

そして彼女ほどカッコよくタバコを吸う人を見たことがない。

ケイト・ウィンスレットかな?と思う。エレガント。

f:id:rnkkrt:20161024094504j:plain

 

 

 

 

長引いていた風邪地獄からもようやく脱出しました。

熱出るわ喉痛いわ鼻水止まらんわのフルコース。

こっちのテッシュはとても鼻に厳しいです。

ポケットティッシュなるものも一応売ってはいるけど、

どのツラ下げてポケットティッシュ気取ってんだお前っていうぐらい(こら)ほぼ紙ナフキンです。

鼻もげるか干からびるかの前に治ってよかった。

スコットランドで知る 鼻セレブの ありがたみ。

 

 

 

 

やーやー言うとりますけど、頑張っていかなあかんなーと思ってますけどね。

あとほんっと口悪くてすいません。今更ですけど。

あと1週間、グループワーク頑張りますよ〜。

 

 

 

解禁

 

さらっと、解禁しました。約2ヶ月ぶり?

解禁といっても、夜ご飯のお供にひとりでしっぽり飲んだだけですけどね。

でも、旨いですねやっぱりビールはいいですね、うん。

スーパーで買ったけど、圧倒的に瓶が多かったなあ、さすが外国。

440ml×4缶で3.5ポンド(500円しないぐらい)なのでまあまあ安い?

毎日の習慣にしないよう気をつけます・・・。

f:id:rnkkrt:20161017072225j:plain

 

 

 

 

え〜、唐突ですが発表します。

 

 

 

1位:東急ハンズ

 

2位:無印良品

 

3位:コンビニ(セブンまたはローソン)

 

 

 

説明するまでもないですが、「この店があればな〜!ベスト3」です。

特に東急ハンズに関しては、心の底から恋しい。

模型材料、作業道具と、建築学生は何かとハンズに用があるんです!

 

今回の課題から、1:50の簡単なものではあるけども

模型も提出するので、材料やら道具を買ったんですが、、、、

ま〜、クソみたいな品揃えですね!(暴言

 

一応、学校の中に小さい画材屋と、徒歩15分ぐらいの所に画材屋が一軒あるんやけど、結局画材屋だから全然無いんだよな〜、模型材料。というか規模小さすぎてお話になりません、、、。

スプレーのりとか、一応存在はしてるので買ったはいいけどどこで使えばいいん?と思って院生の日本人の子に聞いてみたら、

そもそも院でもスプレーのり使ってる人見たことないよ、みんな印刷した図面の上からカッターで印つけて切ってるよ、、、とのこと、、、

おいおいまじかファッキンクレイジーじゃないですか。(暴言2

効率めちゃくちゃ悪いやんそんな非合理的なことやってていいのかよ建築学生。

慣れるしかないよ、と彼女は言っていたけど私は「嫌だ絶対にこの文化には染まりたくない」と断言。笑

なんとかあるもので手段を編み出して効率良くやってみせる…。(迫真

 

 

ちなみに無印はロンドンには存在してます。外国人にも大人気で、どっから来たの?と聞かれて日本と答えると、ノートとかペン見せてきて「MUJI!!! Japan!」と言われることが多々あります。

言われんと気づかないぐらいボロボロのことが多いけどな。←いちいち一言多い

一応いざとなったらオンラインストアがあるのでそのうち使おうと思ってはいます。

ユニクロのオンラインは先日試しました。日本で買うより若干高い?気がした)

 

コンビニはもうただただおにぎり食べたいだけです。笑

こっちのスーパーには大概どこでもSUSHIなるものが置いてるけど、500%不味いので買ってません。

 

 

材料が店で買えないので結局Amazonで注文することが多いのですが、最近よく使っているのがこれ。

'Amazon Locker'というやつです。近所のショッピングモールに入っているんですが、超便利。

オンラインで注文してカードで支払えば、このロッカーに荷物を届けてくれるんです。メールで注文番号が送られてくるので、電子パネルに打ち込めばカシャン、とロッカーが開くわけですね。

こうゆうとこだけ妙に便利で発達してるんだよな〜。

f:id:rnkkrt:20161017072029j:plain

 

 

 

 

 

明日からは2週間に渡り、全学科混合のグループに分かれて共同制作をするというワークショップが始まります。

私のグループは建築、ファッション、彫刻、グラフィックデザイン、写真科の学生がいて、オランダ、フランス、イギリス、トルコ、ラトビアと色々バラバラで面白いです。そしてみんな良い子。無邪気でまっすぐでかわいらしい。(ババアかよ

苦手なんだよなあ、グループワーク・・・と気乗りしない部分もありますが、日本人にはない独創性、頭の柔らかさを観察してみたいと思います。

 

 

 

最後に、悲しい俳句を一句。

 

 

 

「ああ食べたい 寿司食べたいなあ 本物の」

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

トゥイッター始めました。

 

いくらしょうもない記事とはいえブログは時間がかかるので、

簡易版というノリでトゥイッターを始めてみました。

ブログに書くほどでもないことをトゥイートすると思います。

 

 

クラタの24時間をお届けしちゃうぞ。

 

 

 

 

 

今のでイラッとした方は絶対に見ないでください。

よろしくどうぞ〜!

 

https://mobile.twitter.com/rnkkrt

飽きかけた。

 

あぶねーーー!!!!!

ギリギリ、フェードアウトしそうでしたが

かろうじて戻ってきました。(ブログの話

 

 

グラスゴー、着々と寒くなってきております。

部屋には備え付けの小さなヒーターがあるのですが、

これがま〜仕事しないんです。

毎朝寒くて布団から出れないので、毛布を買おうと街に出たんですが、、、

 

 

ぜんっぜん売ってない、毛布!!!!号泣

なんでや、時期が早すぎるのか?いやでも朝の気温4度とかやし、さすがに時期のせいじゃないのか?と思い、友達に聞いてみました。

 

 

「すごいバカな質問していい?スコットランドの人って毛布使わないの?」と。

そしたら、え?何?毛布?どうゆうやつのこと? と言われ、

「え〜あの、モッフモフのさあ、掛け布団の下に入れて使うやつ!」と言ったものの、彼女はピンと来ていない様子。

う〜ん、参った。あのさ、無駄にデカイ花が描かれてて、え、これ何ていう色ですかっていう絶妙な色使いの、でもそのダサさに心も身体もホッコリする例のあれだよって言っても伝わらないしな…と思い説明するのを断念。

 

 

帰宅後ネットで調べてみたら、イギリスの人って毛布使わないんですね!!!(衝撃)

用途のわからない布をやたらとベッドにかけたがるのに?

枕もクッションも無駄に多いのに?

ヒーターも総じてしょぼいのに?(言い過ぎ

全くもって謎だ。これが文化の違いというやつか。

結局、フリースの膝掛けのでかい版みたいなのを見つけて買いました。

冬、越せるかな〜無事に。

 

 

 

 

週始めには、2つ目のプロジェクトの合評がありました。

久々の製図でしたが、結構楽しかった。

f:id:rnkkrt:20161008052130j:plain

 

正確さ、綺麗さは誰にも負けてないと自信がありましたが、

実際合評の日にはたくさん人からお褒めのお言葉をいただきました。

「まじかよ、クソ綺麗!(直訳)」「この課題はパソコンは使っちゃいけないの知らなかったのか?」「どうやったらこんなに綺麗に線が引けるのか教えてくれ」などなど。

そりゃ、地道で気の遠くなるような作業ほど日本人が得意とするものはないですから。

むしろ、インクの滲んだ状態で'仕上がった'とするその感覚がわからんわ。笑

 

 

Photoshop(画像加工ソフト)、Rhinoceros(3Dモデリングソフト)の授業では、どちらも仕事で使っていたので周りより早く作業が終わってしまい、

友達にどうやるのと聞かれるので気付けば専属講師みたいになってきてます。

ただ、そもそもパソコンをあまり使ったことがない人にライノ教えるのってめちゃめちゃ難しいんですよね。全てが想像の範疇を超えてるというか。

図形の接点をクリックしなきゃいけないところを、スナップせずに大体の位置でクリックしたりするので、その度に「違う!戻って!」と言うと、「大体合ってるよね?」とか言いやがるので(こら)、

「製図にもモデリングにも大体とかないから!一個ずれたら全部ずれる。まず大体という概念を捨ててくれ!もう何かにスナップしてない限りクリックするな」とほぼキレ気味で言うまでに至りました。

一応毎度、厳しすぎてごめんと謝ってはいます。笑

 

 

 

仮にも数年デザインの仕事で生きていたので、経験したことが周りより上手にできるのは当然なので、自惚れず、(十分自惚れてるか)知らないことをもっと知っていけるよう自分に厳しくするよう心がけ、ガリ勉な日々を送っています。

そもそも西洋建築史に興味があったからこっちに学びに来たので、特に力を入れたいとは思っていますがまあ難儀ですね。知らない単語が出てくるわ出てくるわで。

知らない単語に出会うと、自分の単語帳に英英辞書で引いた意味を書き込み、ポストイットに例文を書いて覚えるまで部屋の壁に貼る、という勉強法を編み出して実践しているのですが、このままいくと部屋の壁がポストイットでうまる日もそう遠くはないですね。。。

めげずに頑張ります。

 

 

 

 

 

どうでもいいですが、私の大好物のスコーンがこっちではスーパーでも普通に売っていて、しかもどれも結構美味しいのが嬉しいです。

あと紅茶のバリエーションが半端じゃないのでスーパーでも楽しいです。

食べ過ぎないように気をつけます。

f:id:rnkkrt:20161008054704j:plain

 

 

 

 

先日まで存在を知らなかった百貨店、ふらっと行ってみたら空間カッコよすぎて度肝ぬかれました。

f:id:rnkkrt:20161008055000j:plain

写真には映ってないですが手前に木製のクラシックな階段があって(床はタータンチェック貼り)、それがまた超かっこいいんですよね。

こうゆうの本当たまらないです、最高。店舗面積が広けりゃいいってもんじゃないなと思わされる、絶妙なサイズ感と混沌。

そして関係ないけどリリー・ローズ綺麗ですね。ナタリー・ポートマンとの共演作楽しみです。

 

 

 

 

さて、久々にゆっくりできそうな週末なので、ゾンビ芸人を観てゆっくりします〜。

 

 

 

 

追記:よくよく調べたら、こっちでは 'throw'と呼ばれるものが日本でいう毛布にあたるみたいですね。Blanketっていってもピンとこないのはどうやらそのせいっぽいです。

 

もはや冬。

 

最低4度て。まじか。10月入った途端に。

f:id:rnkkrt:20161002072925p:plain

 

そろそろ毛布を手に入れないと、

スイッチを入れてから秒で活動停止するポンコツヒーターじゃ冬を越せない。

 

 

 

カナダのバンクーバーで日本人留学生が遺体で発見されたニュースを見ました。

詳しいことはわかってないみたいですが、同じ留学生の身として辛いですね。

容疑者の白人男性と歩いてるところが監視カメラに映ってましたが、気さくに話しかけられて良い人だな〜と思って付いて行っちゃったのか、、、。

異国の地で、現地の人に話しかけられたりすると、外から来た自分を'受け入れてくれた'っていう感覚になるのはすごくわかるので、余計に悲しいし、人生今からって時に、、、本当に腹がたつ。

グラスゴーではまだ特に身の危険を感じたことはないけど、(そもそも学校忙しくて夜出歩かない)しっかり気をつけないとなと改めて思います。慣れてきて油断した頃に不幸なことは起こるので。

 

 

 

 

 

今日は土曜日でしたが、朝から学校でコツコツ製図。

今回の課題は、指定されたストリートの中から建物を一つ選んで、実測して図面化するというもの。

(一部しか測れないので、正確さが求められているわけではない。)

中には撮った写真をフォトショで歪みとか補正して、

スケール合わせて出力して上にトレペ敷いてなぞる人もいるんですが、

それは一体なんの勉強になるんだい、とオバサンは思います。

 

この歳になってから思う、勉強は遠回りだと。

もっと効率の良い方法があっても、この道を通ることが大事なんじゃないかと。

近道を通るべきなのは仕事、勉強するなら回れ。←今考えた

 

 

自分のこと25歳にしてオバサンといってしまいましたが、

(でも製図していて何が辛いって腰痛がえげつないのであながち間違ってない)

同学年にはホンモノのオジサンがいて、話を聞いてみると

元は高校の数学の教師だったけど、セミリタイアして、

何も新しいことを学ばずに過ごすのも退屈だから好きな建築を学びに入学したんだと。

なんつーかっこいいオジサンなんだ!!!

いろんな年齢の人がいるとはいっても、リタイア後の年齢で大学生の中に飛び込むって半端じゃなく勇気がいると思う。

ライノ(3Dモデリングソフト)の授業でPC画面とにらめっこしてるの見ると超応援したくなる。そして私も頑張らねば、と思うのです。

 

 

 

ちょうど今の課題と重なるというのもありますが、

グラスゴーにいると日に日に'モールディング'愛が高まって仕方ないです。

モールディングとはですね、建物に使う廻り縁なんですけど、

ありとあらゆる形があって、この断面を想像するのが楽しいんですよね。

一人で歩いているといつもアホみたいな顔してモールディングを見上げては断面を妄想してます。

f:id:rnkkrt:20161002080525j:plain

 

 

 

 

来週からは、いよいよ建築史の授業が始まります、ワックワクしております。

教科書はこれ。日本の建築史も数ページあるみたいです。

ちなみに表紙はザハ・ハディット設計のリバーサイド美術館。グラスゴーにあります。

f:id:rnkkrt:20161002081514j:plain

 

 

これさー。サラッと紹介しましたけどコイツですよコイツ。

私のクレーマー魂(誰がクレーマーや)に火をつけたやつ。

この教科書、オンラインで買ったんですよAmazon Prime Studentで。

翌日に届きます!っていうから待ってたらま〜来ない。

翌々日。来ない。3日後。来ない。1週間。来ない。

待てど暮らせど、来ない。

もちろん追跡しましたが、ずーっと 'It's on the way!'=今向かってます!(この表現がもはや腹立つ)から変わらない。

 

さすがにおかしいだろと思い、Amazonカスタマーサービスに電話。

「はい、こちらアイルランドの◯◯です」と言われアイルランド?!と思いながらもいきさつを説明すると、丁寧に調べてくれた。

その人によると、「どこかにいってしまったかもしれない」とのこと。

え?何?どこかへいってしまったって何?そんなことある?どこに連れてったん?その言い訳友達とか家族ですらちょっと怒られるやつやん?

と言いたい事が音速で頭に浮かびましたが、よくよく話を聞くとどうやら管理下にない配送会社が配送を担当している商品なので、Amazonに非はないみたいでした。

結果、既に代金は払っているので代わりの商品をすぐに送ってくれる手配をしてくれました。

 

 

 

 

 

そして2日後。届いた!!!!!2冊!!!!!!

おい!!!!!2冊!!!!!!!!2冊おい!!!!!(うるさい

どっかいってたやつ、急に思い出してんじゃねーよ!!!!!

なんなんRoyal Mail(配送会社の名前)!!!

今すぐそのRoyalを取れ!!!ただのMailになれ!!!!

ほんっとこうゆうガサツさ信じられん!!!!!

 

ああ、、、、このままいくとキム兄化が止まらなくなって

最終的には「そうゆうとこやぞ!!!」を英語で 'That's what I'm saying!!'とか言うようになりそうで怖いのでもうこれ以上厄介なこと起こさないでいただきたい。

この2冊目はわざわざ手続きをして送り返します。Royal Mailでな!!!(嫌味

 

 

 

 

 

 

さて、性格の悪さがまた新たに露呈したところで、そろそろ寝ます。

おやすみなさい〜。

 

 

 

たくましく。

どうも!

今日も一時小雨のグラスゴー、日に日に寒くなってきてます。

もう普通に日本の真冬に着てたダッフルコートとか着てます。そのぐらい寒い。

あ。ちなみに今日は私、荒ぶってません。笑

 

 

 

こっちに来る前、イングリッシュネームを持とうかと考えてたんですが、完全に忘れていたのに気づきました。

海外に住んでる中国人とか、本来の名前が外国人にとって覚えづらいものだったりすると、イングリッシュネームつけてる人多いんですよね。

まじか、その顔で?と思われるんじゃないかという妄想が付きまとうので、私としては常々ハードルが高かったイングリッシュネーム。

何にしようか悩みに悩んで、大学時代(今じゃなくて然るべき年齢の時に通っていた時)に周りから「クララ」と呼ばれてたのを思い出し、それならいけるな!と思ってたんですが・・・。完全に忘れてた。

 

まあ今更いいか。学科1年生約100人中たった1人の日本人なので、日本名をアイデンティティーとして大事にしたいと思います。

こっちで初めて会った人に、名前聞かれて'Rinko'って言うと、必ずみんな「すごい良い名前だね!!!」と褒めてくれるんですが、何がどう良いんだろうな。

意味はもちろんわからんやろうし、なんとなく響きがカッコよく聞こえるんですかね。

私の中でのマイケル・J・フォックスみたいな感覚かな。言いたくなる名前。めっちゃ言いたいマイケル・J・フォックス。あとラッセル・クロウね。笑

 

 

 

 

と、本当にどうでもいい話してますが

こっちに来て約3週間、学校も2週目に入りましたが、結構毎日楽しいです。

始めのうちは絶対辛いしんどい寂しい帰りたいってなるだろうなと思ってたんですが、、、、、、

 

 

 

自分でも驚いてます。全く寂しくない。笑

そりゃ友達とか親とか愛犬愛猫にはもちろん会いたいと思う。でも辛いとか孤独に押し潰されそう…みたいなのが一切ない。

もうこの先の人生、孤独ごときには私を押しつぶすことはできないんじゃないかとすら思いますね。潰す余地がないっていうか。(ちょっと何言ってるかわかんないっすね

客観的に考えてみた。理由はざっくり3つあると思う。

 

 

1つ目。グラスゴーの居心地の良さ。

本当に良い人が多い。ボストンはたまに嫌な奴いたし、NZでも人種差別されたこと何回もあったけど、今のところグラスゴーでは一切ない。

学校でも立ち寄ったお店でも、どこ行っても良い人が多いので、プチ幸せをちょくちょく感じられる。

あとこっちの人、お礼言う時ThanksじゃなくCheersって言う人がかなり多くて、なんかそれがすごい愛らしくて好きです。

あとは何よりやっぱ景色が好き。見飽きない。

f:id:rnkkrt:20160928064239j:plain

 

 

 

2つ目。シンプルに歳をとった。

毛が生え過ぎて私の心臓見えないんじゃないかなって思う。分け入っても分け入っても。

何があっても動じない。 基本的に、なんでもどうにかなんだろって思って生きてる。死ぬわけじゃないし、宇宙から見たらどうでもいいし。

どんだけ悪口言われても、本気出せばこいつの骨折れるって思って受け流す鈴木拓の思想をリスペクトしているせいかもしれない。

 

 

 

3つ目。英語。

明らかに英語力が伸びたのを実感する。5年前ボストンに行った時はもっと英語で困ったことが多々あった。

今は病院とか学校とか、わからないことがあったらとりあえず電話して聞くか〜みたいなノリで、日本にいるのと同じ感覚でサラっと電話したり。

英語ですごく困るっていうことは基本的にほぼ無くなってきた。クセがすごすぎる時はちょっと困るけど。

 

多分、ひたすら英語(字幕なし)でドラマ・映画を見続けたのと、IELTSの目標スコア達成した成果だと思います。

もし漠然と「英語喋れるようになりたいな〜」と思っている人がいたら、一言いわせていただきたい。

フワッと思ってても、一生喋れるようにはならないぜ、と。

何十年と続けたらそこそこいけるかもしれんけど、人生そんな長くない。

英語やるなら、IELTSなりTOEFLなり、なんでもいいからとにかく結果が目に見える試験で目標を設定して、達成するまで勉強して、繰り返し受験することだと思います。

偉そうに言ってますが、私もペラペラには程遠いので。3年留学したっていうとすげ〜帰国子女!!!と言われますが3年じゃペラッペラにはなかなかならないです。

それぐらいネイティブスピーカーの壁は高い。

 

ただこの歳になると、ペラッペラじゃなくてももう全然気にならないっていう強みはでてきます。「日本人ですから!!!こちとら第二言語だから!!!そう考えるとすげーだろ!」みたいな気持ちでどこでもグイグイ喋ってます。

この3年であと何本心臓に毛が生えるんだろう。

 

 

 

 

 

グラスゴーは昨日が祝日で3連休でしたが、早速課題に追われて終わりました。

今日1つ目の課題の合評があったのですが、さすが外国、めっちゃラフ。

いくつかのグループに分かれて、壁に作品貼って、

自分が良いと思ったものに付箋貼ってランダムに話してくみたいな感じ。

みんなしっかり自分の意見持ってるし、聞いてて面白い。

私もいっぱい付箋いただきましたー、あざます!

f:id:rnkkrt:20160928071344j:plain

 

 

 

私にとっては2回目の大学生活なので、人生的に色々ともう結構キテるし後が無いんで必然的にものすごく真面目に取り組んでいるんですが、

こっちの学生はみんな本当に真面目で一生懸命で感心します。

自分が二十歳前後の時、本当不真面目だったからな〜。授業の大切さも、学べる環境のありがたさも全然わかってなかったし、イキってたし勘違いしてたし酒ばっか飲んでたしただの青二才だったからな〜。タイムスリップしたらボロカス言いたいわアイツ。

 

 

 

 

約5年ぶりの製図板だったり、合評だったり、学生時代に戻った気分とはよく言いますが、まさか本当に戻るとはな〜。とか、

あ〜こんな感じだったな〜大学って。とか懐かしく感じながら、25歳ピカピカ1年生、頑張ります。

f:id:rnkkrt:20160928072201j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

あ。少しイラっとした件1つ思い出しましたが、それはまた今度にします。笑

誰がクレーマーや。

おやすみなさい。